ギター用語辞典20140618

クラシックギター(ガットギター)

ギターは主にエレキギターとアコースティックギターに分かれます。

アコースティックギターは主にフォークギター(スチール弦ギター)とクラシックギター(ガットギター)に分かれます。

クラシックギター(ガットギター)はその名のとおりクラシックを弾く時に使うことが多いですが、ボサノバやジャズ、ポップスでも用いられます。

ガットとは羊の腸のことでテニスのラケットと同様昔は羊の腸が使われていました。現在はナイロンが使われるようになっています。他のギターに比べて音が柔らかく、ぬくもりがある音ができますが、チューニング(調律)は狂いやすいです。

<<エレキギター                  ストラップ>>

Copyright(c) 2011 AysMusicAcademy. All Rights Reserved.